お宮参り、ベビーフォト、子供写真、七五三、結婚式などの出張撮影はオレンジへ!


by 出張撮影のオレンジ
大安、仏滅とカレンダーに書いてありますが、なんの事だかわかりますか?
カレンダーに小さく書いてある文字は、大安、赤口、先勝、友引、先負、仏滅の6つ。
これらは六曜、六輝という考えで、暦注の一つです。
一ヵ月30日を5等分して6日の周期で表されます。

六曜、六輝の始まりは中国だそうですが、
日本に伝わり独自の物に変わっていったのではないかと思います。

六曜、六輝にはそれぞれ以下のような意味があります。
大安
六曜の中で最も吉の日。何事も吉の日とされます。
赤口
陰陽道の赤舌日に由来し、午前11時頃までは吉、それ以降は凶とされる。
先勝
「先んずれば即ち勝つ」の意味で、
午前中は吉、午後二時から六時は凶とされる。
友引
「凶事に友を引く」という意味のため、葬儀などは行い方が良いという事になっています。
逆にお祝い事だと、幸せのお裾分けという意味があるので、よい日とされます。
先負
「先んずれば即ち負ける」の意味で、午前中は凶、午後は吉。
仏滅
「仏も滅するような大凶日」の意味で、六曜中最も凶の日とされます。
お祝い事は避けた方が良いとされます。

六曜、六輝は重んずるべき?
六曜は30日を5等分した6日の周期で表したものですから、○月○日が大安だとか仏滅だとかというのは、月曜や水曜と言っているのと同じです。
月曜だからっていい日とか悪い日とは言わないですよね?
友引に葬儀を行わない方が良いとは言いますが、元々の仏教的な考えには六曜というのはありませんから仏教とは関係ありません。
Wiki等を読んでいると、陰陽道の考え方等と混じって現在の形に変わってきたとなっているので、一種の民間信仰的なものがあったんでしょうね。
最近の結婚式は仏滅でも普通に行われています。
六曜の考え方に左右されない方が増えているという事なんでしょうね。
むしろ、結婚式場などでは仏滅の日は割引があったりするので、お得に式が挙げられちゃいます。


[PR]
# by orangephotojp | 2017-09-09 16:22 | コラム | Comments(0)

お宮参りの服装

今回は、お宮参りの際の服装についてです。

赤ちゃんの肌着は正式には白羽二重と言われていますが、ベビードレスでも大丈夫です。
赤ちゃんを抱っこした上から柄見えるように産着をかけます。
産着は男の子用、女の子用でそれぞれいろんな柄がありますが、ご家庭にあることは少ないと思いますので、レンタルが手軽でいいと思います。
数千円程度で手軽にレンタルできます。

大人は正装が基本です。
男性はスーツが無難でしょう。
女性は和装、スーツ、ワンピースなどが多いです。
お祝い事なので、黒でないといけないという事はなく、明るい色でもかまいません。

神様や仏様の前で、健やかな成長を祈願するものなので、
Tシャツに短パン等といった、あまりカジュアルすぎる格好はNGです。


[PR]
# by orangephotojp | 2017-09-04 16:52 | 出張撮影 | Comments(0)

富岡八幡宮

d0355135_15060236.jpg
少し前になりますが、深川にある富岡八幡宮の例大祭に行ってきました。
富岡八幡宮は、江東区深川にあり、1627年に創建された応神天皇(誉田別命)をお祀りする神社です。応神天皇は弓の名手として有名で、武家からの信仰を集めた神様です。
今年は三年に一度の大祭。
各町内より53基のお神輿が順に練り歩き、とても規模の大きなお祭りです。
日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭と合わせて、江戸三大祭りの一つと言われています。

d0355135_15060437.jpg
このお祭りの特徴は何といっても水かけ。
地域の住民がバケツやホースでお神輿や担ぎ手に向けて水をかけます。
担ぎ手はもちろんの事、それを見てる観客にもかかりますから、冷たいんです。
カメラに水がかからないよに少し離れて撮っていたつもりですが、それでもびしょ濡れでした・・・w

d0355135_15060366.jpg
出張撮影のオレンジではお祭りやイベント、七五三、成人式、お宮参り等の出張撮影も行っております。
出張撮影のご依頼、お見積もり、ご相談は公式サイトよりお願いします。

[PR]
# by orangephotojp | 2017-08-25 15:40 | コラム | Comments(0)

新盆

今年の夏は父の新盆でした。
昨年末に亡くなり、初めてのお盆であるこの夏が新盆にあたります。

葬儀の際に使用した写真は、77歳の喜寿のお祝いの際に写真館で撮影したものでした。
その後数年経って脳梗塞になり、仕事も引退して余生を過ごしておりましたが、昨年末に進行性のガンが発覚して、あっという間に亡くなりました。
最初に症状が出て2ヶ月、ガンだと判明して1ヶ月で亡くなりましたので、本当に急でした。
晩年は体が弱ってきており、喜寿のお祝いをしたころと比べると別人のような状況。
今考えると、元気だった頃に記念写真を撮っておいて良かったと思います。
父らしい写真を残せたと思っています。

オレンジでは遺影などでも使用できるポートレート撮影も行っております。
お祝いの席や公園などでスタジオとは違って、リラックスして撮影できるのが特徴です。
ご依頼お待ちしております。


[PR]
# by orangephotojp | 2017-08-14 17:46 | コラム | Comments(0)

もう少しでお盆

8月に入って2週から3週目にかけてお盆のお休みに入ります。
今週は11日から15日辺りまで連休を取られる方が多いのではないでしょうか?

お盆の時期が近づくと増えてくるのが遺影のご依頼です。
撮影ではなく、写真から遺影に仕上げてほしいというものです。
葬儀の時に葬儀社で作って貰えることもありますが、そうでない場合は新盆のこの時期に合わせて急いで作られるようです。
葬儀の時はかっちりとした写真を選んでいる方が多いのか、ご依頼いただく写真は表情にこだわって、笑顔の写真を選んでご依頼を頂くのが多いです。

ご依頼を頂く前に注意していただきたいのは、写真のサイズです。
証明写真のように小さいものから四つ切のように大きなサイズに拡大してプリントすると、ぼやけてしまいます。
どうにかならないの?って言われる方もいらっしゃいますが、元がかなり小さなものですから無理があります。
恐らくどの業者に出しても、結果はそう変わりありません。
理想は撮影データが残っているのが一番ロスなく綺麗にプリントできますが、写真しかないのであればLサイズに大きめに写っている写真を選んでください。
数人並んだ記念写真からですと、証明写真位のサイズと変わりありませんから結果ぼやけた写真に仕上がります。

オレンジでは遺影写真の制作も撮影も行っております。
遺影写真を撮影するというと構えてしまってなかなか撮りたいという方はいらっしゃらないのですが、私の経験上、何かのお祝いのついでに撮影すると気軽に撮影できます。
例えば60歳の還暦や77歳の喜寿といったお祝いのついでに出張撮影でスナップと一緒に記念写真を撮影しておけば、いざとなった時の写真として使用できます。
プロのカメラマンがちゃんとした機材で撮影すれば、写真館に行かなくとも綺麗な撮影が可能です。


[PR]
# by orangephotojp | 2017-08-05 21:16 | 出張撮影 | Comments(0)