お宮参り、ベビーフォト、子供写真、七五三、結婚式などの出張撮影はオレンジへ!


by 出張撮影のオレンジ

お祭りイベント撮影

d0355135_17391692.jpg
オレンジではお祭りやイベントの撮影も行っております。
お祭りや舞台の演技、ダンス、スポーツイベントなどプロカメラマンが撮影に伺います。
こういったイベントなどの撮影ですと、自分たちで撮影するのが多いかと思いますが、観客や撮影者が取り囲んで思うように撮影ができなかったという事はございませんか?
こんな時はプロカメラマンが代表して撮影させていただく事で、大事な場面が撮れていないという事が防げます。
また、動きが激しかったり、暗かったりなど撮影条件が悪くて撮影が難しい時でもプロカメラマンが撮影いたしますのでご安心ください。

また、予算がない場合でも基本撮影料が無料になるプランもご用意していますので、気軽にお申込みいただけます。

お祭り、イベントの出張撮影

[PR]
# by orangephotojp | 2018-05-02 18:40 | 出張撮影

亀戸天神藤まつり

d0355135_17435854.jpg
東京都江東区亀戸にある亀戸天神へ行ってきました。
亀戸天神は春は梅、初夏には藤、秋には菊で有名な神社で、特に藤は都内唯一の名所として知られる神社でもあります。
境内は九州太宰府天満宮に模した橋と池があり、その周りを藤棚が所狭しと囲むように並んでいます。

今年の藤は少し出来が悪いようで、花を付けていない木もあり、参拝客からは「まだこれからだね」という声もありました。
ですが、早咲きの丈の短い藤は今が見頃でなんです。
藤の房の下の方まで咲くとそれ以上は伸びませんから、それで満開状態。
それを見て、状況がわかっていない方は「これからだね」とおっしゃっているようです。
遅咲きの藤の花も開花が進んでいて、間もなく見頃を迎えそうですので、参拝される方は早めに行くことをお勧めします。

d0355135_17441404.jpg
例年よりも開花が早いので、藤のライトアップも藤まつりの初日から始まっています。
境内からはスカイツリーのライトアップも一緒に見る事ができるので、ちょとお得です。

出張撮影オレンジではお宮参り、七五三、結婚式などの出張撮影を行っております。


[PR]
# by orangephotojp | 2018-04-16 18:02 | コラム

根津神社つつじまつり

d0355135_16013281.jpg
つつじが咲く根津神社に行ってきました。
春先のこの時期は根津神社の境内でつつじ祭りが行われています。
境内の一部が丘の様になっており、斜面に沢山の色とりどりのつつじが植えられて、とっても綺麗でしたよ。
今は中期のつつじが見頃になっているようです。
開始早々中期となると、桜同様開花が早いんでしょうかね?

d0355135_15555380.jpg
根津神社は1900年以上も歴史のある神社です。
江戸時代には五代将軍の徳川綱吉に社殿を奉建され、現在の地へ遷座しました。
現在も地域の方々に信仰されて、お宮参り、七五三、結婚式などが行われているようです。

オレンジではお宮参りや七五三、結婚式の出張撮影を行っております。



[PR]
# by orangephotojp | 2018-04-12 16:34 | コラム | Comments(0)

ひかり

日頃撮影しながら気にしている事の一つに「ひかり」があります。
意識していないかもしれませんが、身の回りには色々な光源があります。
太陽の光、蛍光灯の光、電球の光、日陰の光等々、いろいろな種類の光があります。
厳密にいうと日陰に光源は無く、周囲からの拡散した光がそこへ届いているわけです。

太陽の光は色温度でいうと5500K(ケルビン)前後の光で、カメラで撮影する際に一番自然に発色する光になります。
ストロボの光もこの色温度に合わせて設計されています。

蛍光灯は何種類かありますが、少し青白い昼光色(6500K)や、太陽の光に近い昼白色(5000K)、夕方の黄色い光に近い温白色(3500K)など、いつか種類があります。

飲食店やホテル、式場などに多い黄色い色味の白熱電球3200K前後です。

日陰は直射日光ではなく、空の色影響を受けているようで、青く見える7500Kという色温度になっています。


色々な環境でスナップ撮影をしているんですが、色温度が統一されていると比較的撮りやすいんです。
一番きれいなのは太陽の光と昼白色で5000K前後の光は、カメラに写った際にとても良い色になります。
白熱電球の3200Kも雰囲気があって、嫌いな色ではありません。

問題になるのは、いろんな光がミックスになる事です。
蛍光灯やLED電球などを買い替えたりする際に、色温度の選択を間違えると、光が混ざってしまって綺麗に撮影できません。
昼白色の蛍光灯と温白色の蛍光灯が隣り合って存在すると、それぞれの照明の下の色味が違ってきます。
最悪、左右で色味の違う被写体を撮影することになり、補正が難しくなり仕上がりも期待できません。
ストロボの光量を増やして綺麗に撮影できるようにするテクニックもあるのですが、最近のLEDの光は独特なうえにかなり光が強いことがあり、単純にストロボを焚いても綺麗にならず、複数の光が混じって、あまり綺麗に撮れないなんて事も起きます。
このレベルになると、クリップオンのストロボでは光量が足りず、むしろ焚かない方が増しなことも・・・

10年ほどプロとして撮影経験がありますが、光というのは現場によって違うので、それをコントロールするのは大変難しいなぁと日頃から思っております。
長年光や色というのを目の当たりにして撮影しておりますので、色味の出し方は自然で綺麗ですねってよく言われるんですよ。

光のコントロールが難しい、結婚式などの式場撮影も多数行っておりますので、結婚写真もオレンジにお任せください。

[PR]
# by orangephotojp | 2018-04-08 11:51 | コラム | Comments(0)

撮影機材

撮影機材は何を使っているんですか?とたまに聞かれるのでお答えします。
カメラはデジタル一眼レフのCANON EOS 5D Mark4を2台と、80Dを使ってます。
レンズはEF 24-70mm F2.8とEF 70-200mm F2.8 IS、EF 16-35mm F4 IS、EF 50mm F1.4、EF85mmF1.8等数本をもって撮影に出ます。
撮影の内容によって使用する機材が違うので、すべてを使って撮影しているわけではありませんが、その他にもクリップオンのストロボも持って出ますから、かなりの重量になります。

良い機材を使うと綺麗に撮影できるというのはもちろんある事ですが、オレンジの考える写真というのはそれだけとは考えていません。
カメラが良ければ、ノイズが少なかったり、露出が安定していたり、ピント精度が高かったりと、撮影するうえでのメリットはあります。
レンズの描画が綺麗ならば、シャープなピントとナチュラルなボケなど、言葉では表現しにくい絵作りを手助けしてくれます。
ですが、いくら機材が良くても、オレンジの求める表情の良い写真は撮れません。
良い笑顔を引き出して、至福の瞬間を撮るには、高級な機材は必須ありません。
豊富な経験が裏打ちする確かな技術が、お客様へお届けする最高の写真へと繋がります。


[PR]
# by orangephotojp | 2018-04-06 02:04 | コラム | Comments(0)