お宮参り、ベビーフォト、子供写真、七五三、結婚式などの出張撮影はオレンジへ!


by 出張撮影のオレンジ

<   2019年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

結婚式の介添さんは必要か!?
介添は結婚式でお二人について、お世話をする担当の事を指します。
式場によっては介添ではなくて、アテンダーやバトラーと呼んだりします。
メイクや衣装担当が介添やアテンダー代わりになる事もあります。
専門式場なら介添やアテンダーは初めからプランに含まれていて
お世話をしていただけるケースが多いですが、
家族だけで小規模の結婚式をやるケースでは、
衣装レンタルをして、知り合いや美容師に支度を頼んだりすると、
式や披露宴中についてきてくれないなんて事は普通にあります。
式や披露宴でたまにある事で、
着付けが崩れてしまったり、
泣いてメイクが崩れてしまったりと、
予期せぬ事が起きたりします。
そういった時にちょっとしたメイクやヘアメイク、着付けを直してもらえるのが、
介添えやアテンダーだったりするので、居た方が良いと思います。
式当日に重い衣装に四苦八苦する新婦のお世話をしていただけたりするので、
当日に当方に暮れるくらいなら、お願いした方が良いと思います。


by orangephotojp | 2019-02-10 10:00 | コラム | Comments(0)

安さの理由

出張撮影オレンジの結婚式撮影は、
挙式+披露宴の撮影で¥38000。
挙式+披露宴の撮影にウエディングアルバムが付いて¥58000と
とってもお安いんです。

結婚式場の10万~20万円の価格と比べてしまうと、
質が悪いんじゃないかって思うかもしれませんが、
カメラマンは現在も結婚式場でも撮影しているウエディングフォトグラファーです。
アルバムも結婚式場で扱っているものと同等のものを揃えています。

お安い理由としては、
オレンジが直接お客様とやり取りさせていただいているので、
間に経費が掛からず、無駄なコストがかかっておりません。
式場の場合は、式場とプロデュース業者、撮影業者等が間に入るので、
その間にどうしても手数料が発生してしまいます。

アルバムに関しても、大手式場とも契約している工場と直接取引する事で価格を抑えることができました。
中間の業者が入ると、どうしても価格が上がってしまいますが、
そういった中間業者は入れずに、工場直販で仕入れることができました。

これが結婚式場と同じクオリティを低価格で提供できる理由です。



by orangephotojp | 2019-02-06 06:00 | 出張撮影