お宮参り、ベビーフォト、子供写真、七五三、結婚式などの出張撮影はオレンジへ!


by 出張撮影のオレンジ

<   2017年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

七五三撮影はお早めに

d0355135_16472486.jpg
10月の中頃から後半にかけては雨が続きました。
台風も来たことから、七五三を予定していても延期された方も多いのではないでしょうか?

そうなると11月は例年以上に七五三が集中する可能性があります。
ピークの頃は、神社に行っても写真館に行っても待たされて、小さなお子さんだと飽きてしまうだなんてこともあります。
でも、出張撮影ならば専属のカメラマンがご指定の場所に伺いますので、待つことも無くスムーズに撮影ができます。

七五三の記念写真、集合写真、イメージカットなど
残しておきたい大切な瞬間はオレンジのカメラマンがしっかりと撮影させて頂きます。
土日は撮影が込み合いますので、早めのご予約をお願いいたします。

[PR]
by orangephotojp | 2017-10-28 19:31 | 出張撮影 | Comments(0)

お宮参りの起源

d0355135_18200389.jpg
お宮参りとは、生後一ヵ月位の時期に神社やお寺などに、お子さんの誕生の報告と健やかな成長を祈願する行事です。
そのお宮参りの起源はというと、古くからあったようですが、一般に広まったのは室町時代との事です。
昔は今ほど医療技術が発展していなかったことから、乳幼児の生存率が低かったため、よりこういった行事を重んじていたのではないかと思います。

お宮参りが一般化した室町時代(1336年~1573年)というと、足利尊氏が征夷大将軍に任命されて室町幕府を置いた時期を指します。
直前の時期は鎌倉時代(1192年~)で、源頼朝が鎌倉に幕府を置いた時代、室町時代の後には織田信長や豊臣秀吉が活躍した安土桃山時代となります。
室町時代は足利氏が政権を握っていましたが、応仁の乱や明応の政変などが起こるなど、戦乱の時代。
そんな不安な時代に、子供の成長に大きな期待を持つのは当然の事だったのでしょう。

オレンジでは東京、埼玉、千葉、神奈川などへお宮参りの出張撮影を行っております。

[PR]
by orangephotojp | 2017-10-19 20:56 | 出張撮影 | Comments(0)

亀戸天神の七五三

d0355135_16472486.jpg
亀戸天神は東京都江東区にある神社です。
藤原道真公をお祀りする学問の神様で、秋のこの時期はお子さんの健やかな成長を願う、七五三の参拝客でにぎわいます。
来週の10/22からは菊まつりも始まりますので、境内には多くの菊のお花が咲き、目を楽しませてくれます。
菊のお花を背景に記念写真もいいですね。
例年、菊のスカイツリーが作られ、境内から見える本物のスカイツリーと一緒に撮る事も出来ます。

スカイツリーや菊以外にも赤い太鼓橋や池があるので、とっても景観が良い神社です。
とてもきれいな境内でたっぷりと七五三の撮影もできます。



[PR]
by orangephotojp | 2017-10-15 17:23 | 出張撮影 | Comments(0)
d0355135_18394783.jpg
オレンジでは結婚式の二次会、1.5次会の出張撮影も行っております。
二次会は、挙式と披露宴を行った後に、披露宴にお越しいただけなかった友人や会社の同僚などを呼んで行うもの。
披露宴は両家の親族、親戚も含まれるので、かなりの数の人数になり、友人知人が多い場合は、披露宴会場のキャパを超えてしまう事もしばしば。それを避けるために、友人はあまり呼ばずに、親族や親戚のみで小さく披露宴を行う方もいらっしゃいます。
1.5次会は挙式は親族のみでおこなって、披露宴は親族のみで会食会を厳かに行い、披露宴代わりのパーティを1.5次会として友人や仕事の仲間等を呼んで行う事ものです。
挙式や披露宴の様に形式にとらわれず、二人も列席者も気楽に楽しめるというカジュアルさもあり、最近増えているスタイルと言えます。

結婚式場でスナップ写真を頼むと、アルバが付いて10万円位しますから、1.5次会や二次会の撮影まで頼んだら予算に合わないだなんて思っていませんか?
確かに式場経由でお願いするとかなりお高いお見積もりが出ると思いますが、1.5次会や二次会の撮影を別の撮影業者にお願いすると、式場のマージンが入りませんから結構お安くできます。
撮影に慣れたプロカメラマンが結婚式同様にきれいに撮影してくれます。





[PR]
by orangephotojp | 2017-10-13 12:00 | 出張撮影 | Comments(0)

湯島天満宮

d0355135_22520317.jpg
文京区湯島にある湯島天満宮へ行ってきました。
通称、湯島天神という名でも知られており、菅原道真公を祀る神社となります。
藤原道真公は平安時代の貴族で学問に秀でていたことから、現在でも学問の神様として、受験生などから多くの信仰を集めています。

神社の創建は458年に天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀る神社として創建されました。
天之手力雄命はどんな神様かというと、腕力・筋力の神様とされ、転じてスポーツの神様としても信仰される神様です。
後の1355年には近隣住民の声により藤原道真公をお祀りしています。

神社では、お宮参りや七五三、結婚式なども執り行われます。
特に、結婚式は提携の撮影業者でなくても撮影ができるのが特徴で、オレンジでも撮影に伺えます。


[PR]
by orangephotojp | 2017-10-10 12:00 | コラム | Comments(0)

キャンペーン実施中です

10月になって気温が下がってきて、過ごしやすい日が続きます。
少し涼しくなった方が重ね着が出来ておしゃれにはいい季節ですよね。
七五三、成人式、お宮参りの和装も暑い夏よりは、涼しい季節の方が良いと思いますから、この季節に撮影するのが良いですよね。

出張撮影のオレンジでは、10月末までのキャンペーンとして、七五三、お宮参り、成人式、家族写真などの出張撮影をキャンペーン価格で行っております。
出張料無料や写真台紙をプレゼントとなっておりますので、とってもお得になっています。
是非この機会にご依頼ください。


[PR]
by orangephotojp | 2017-10-06 09:20 | 出張撮影 | Comments(0)
結婚式のスナップ撮影、カット数はどれくらいが適正でしょうか?

「撮影後に失敗カットを削除して、明るさや色味の補正を施して、500カット位の納品」をする業者や、
「1000カット撮影して、ダメなものだけ削除してそのまま納品」という業者もいます。
撮影カット数が多ければ一見良いようにに思えますが、私はそう思いません。
理由としては、挙式と披露宴で一人のカメラマンが撮れるシーンというのは、それほど変わりません。
指輪の交換、ベールアップ、キス、スピーチ、ケーキ入刀、ファーストバイト、花束贈呈など、撮影するシーンが多ければその分撮影しますが、親族だけの会食会の様にあまり進行がなく、撮影する内容が無ければ当然撮影カット数も減ります。
カット数が多いカメラマンは沢山動いて、いろいろの角度から沢山撮影しているというよりは、無駄に沢山連写しているというのが実際だと思います。
一人のカメラマンが現場に入って撮影するのであれば、撮影できるシーンやアングルは限られ、いろんな目線で撮影しているわけではないので、撮影内容はほぼ同じようなものになります。
つまり、同じシーンを連写して沢山撮影して、代わり映えしない写真が沢山あるだけなのです。
スナップ写真というのは、結婚式のダイジェストと考えると、無駄に連写した写真の垂れ流しではなく、各シーンのダイジェストとなるようなベストショットが数枚ずつあればいいんだと思うんです。
1000カットあっても、連写やピントの合ってないカット、目つぶりのカットもたくさん含まれているなら、そんなの要らないですよね?
明るさや色味を補正もされていない汚い写真を1000カットあるよりは、各シーンを厳選して選んで、明るさや色味を綺麗に補正されている厳選された500カットの方が良いに決まってます。

私の個人的な基準ではありますが、普通の挙式+披露宴のスタイルであれば、撮影して補正して、不要なカットを抜いた後の納品カットの目安は1時間100カット位です。
挙式一時間前から撮影スタートして、披露宴が2時間半くらいの結婚式であれば、約5時間位の撮影時間になりますから、大体400~600カット位になります。
撮影する時は納品カットの1.5~2倍位撮影しているんですが、失敗カットや似通ったカットを間引いて納品となると、それくらいになります。

ですから、カット数の多い撮影業者は、撮影の内容を確認した方が良いと思います。
撮影はRAWで撮影して、RAW現像して綺麗に補正しているかどうか?
無駄に沢山連写した写真をカット数が多いと謳っていないかどうか?

スナップ撮影業者選びの参考にしてみてください。

オレンジでは結婚式場やホテル、神社等の結婚式のスナップ撮影を行っております。
東京、横浜、埼玉、千葉方面の有名式場で撮影経験がございます。



[PR]
by orangephotojp | 2017-10-03 15:53 | 出張撮影 | Comments(0)